2017年12月6日水曜日

授業でのタブレット端末の利用

 国際地域開発学科では平成26年(2014年)から学部新1年生全員にタブレット端末を配布し、4年間の授業や卒業研究で活用してもらっています。平成29年度は1年生全員にiPadを配布しました。
 近年、大学では講義室で先生の話を聞く講義だけでなく、学生自ら発言をしたり、グループで意見をまとめたり、調べたことをプレゼンテーションする形式の講義も増えてきています。もちろん最初は戸惑うと思いますが、慣れてくれば先生の話をただ聞くだけの講義より自分が参加する授業のほうが、集中できてあっという間に時間が過ぎるように感じるという意見も聞かれます。また、教員や周りの人が結構サポートするので人前での発言が苦手な人も慣れてくればむしろ人前で自分の意見を述べることが得意になったという声もあります。
 話は変わりますが、IDSではこうした講義に積極的にタブレットを活用しています。講義室のWiFi環境も整備されつつあり、IoTを活用しながらの講義がすすめられています。
IDSは、学科に関連する学問的な専門的分野についての教育にはもちろん、社会人になってから役に立つスキルを身につける教育にも力を入れています。こうした授業を受けた卒業生は、これから社会でどのような活躍ができるか今から楽しみです。

・・・と書きましたが、実はこの様な授業をするためには大学の先生側も勉強しなければいけません。特に日々発達するテクノロジーに置いてけぼりにならないようにするために、IDSの教員はタブレット端末の有効活用に関する勉強をしています。教員と学生が一緒に勉強するのがIDSの少人数教育です。



iPadを活用した1年生向け少人数授業(スタディスキルズ)の様子

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修③

今年度のタンザニア研修の様子はこれで終わりになります。 8日目:8月27日(月) 今日は前回・前々回と同様にミクミ国立公園で東アフリカに生息する動物と人とのかかわり、国立公園と観光資源について学習しました。 密猟に対するタンザニア政府の取組、観光資源の活用による経済政策な...