2018年11月13日火曜日

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修③

今年度のタンザニア研修の様子はこれで終わりになります。

8日目:8月27日(月)
今日は前回・前々回と同様にミクミ国立公園で東アフリカに生息する動物と人とのかかわり、国立公園と観光資源について学習しました。
密猟に対するタンザニア政府の取組、観光資源の活用による経済政策など、タンザニアの国立公園に関連する事柄には多くの勉強すべきことがあります。こうした事柄を勉強したうえで、野生動物を観察すると単なるサファリツアーとは異なった収穫があるものです。
前回や前々回と同様、国立公園に入園するとインパラ、ヌー、シマウマ、バッファロー、キリン、ゾウなど多くの草食動物を観察することができました。ただ、前回と前々回は生息頭数の少ない大型の肉食動物を観察することはできませんでした。今回も観察できないかなと思っていたのですが、三度目の正直で野生のライオンを観察することができました。
それはともかく、重要なのは野生動物を観察することではなく、短時間とはいえタンザニアの国立公園に滞在することで、学生自身に自然保護などの問題を考えてもらうことです。そういった意味では今回も研修自体は成功したといえるでしょう。












 9日目:8月28日(火)
今回もこれまでの研修と同様にモロゴロにある国立ソコイネ農業大学を訪問しました。これまでは持続的農村開発センターにお邪魔をしていましたが、開発センターが人文社会学部に改組されたため、今回はソコイネ農業大学人文社会学部をたずねました。といって使用している建物や研究室は変わっていないため、前回と同じようなセミナーになりました。今回も同学部のンセンガ博士より農村開発の実情について説明を受けた後、試験農場の見学をさせていただきました。陸稲の耐乾性についての試験、矮性マンゴーや矮性パパイヤの品種育成試験など、熱帯地域ならではの試験を間近で見ることができました。
セミナーの後はソコイネ大学を後にし、ダルエスサラームへ戻ってきました。



ソコイネ農業大学のンセンガ博士と圃場を見学しました

10日目:8月30日(木)
ダルエスサラーム市内で買い物をした後、郊外の海沿いの村に行きました。前回と同様、イスラーム世界とインド洋交易について考えてもらうためです。東アフリカの沿岸部は、歴史的にアラブ世界と深いかかわりがあります。タンザニアの国語であるスワヒリ語もアラビア語とアフリカ大陸の言語であるバンツー諸語が混ざってできた言語です。このため、東アフリカの沿岸部はアラブ文化の影響が強く、内陸部とはやや異なった文化が存在しています。植生も沿岸部と内陸部では異なります。今年もこうした背景を意識しながら、世界とアフリカ大陸の繋がりについて勉強しました。









2018年10月1日月曜日

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修②

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修

引き続きタンザニア研修の様子です。

5日目:8月24日(金)
今日は毎回恒例の川での洗濯と水汲みに行きました。
洗濯の場所は前回や前々回の研修とは異なり、少し泥が溜まった場所で行いました。せっかく洗濯しても川の水をかき回すと、たちどころに水が濁るため、白いシャツなどは茶色に変色してしまいます。しかし、こうした場所でも地元の人々はシャツが真っ白になるように上手に洗濯をしていました。
午前中に川での洗濯が終わったため、午後は水汲みに行きました。
洗濯と同様に水浴びをする水も今日は自分たちで調達します。水道が整備されているため当たり前のように水を使用できる日本の生活を少し離れて、自分で使う水を自分で調達することは資源の大切さを実感することにつながります。


農村滞在した集落の様子


川での洗濯




子どもとともに水汲みにいきました

6日目:8月25日(土)
今回の研修から、農村での農作業を実施することにしました。今回はバナナの苗の植え付けを体験します。8月のタンザニアは乾季の真っただ中ですので、農作業には向いていません。本来ならバナナの植え付けも雨季に行いますが、地元の農家の方に散水ポンプを準備してもらい、植え付けと共に苗に潅水することで8月の植え付け作業が可能になりました。イテテ村の畑の土壌はとても固く、鍬を使っても簡単には穴を掘ることはできません。また、気温も非常に高く休憩時間を頻繁にとっても体力の消耗が激しいことがわかりました。よく、アフリカの農業は粗放であるという評価がなされますが、実際にイテテ村での農作業を体験すると日本の農作業とは異なる条件がたくさんあるため、簡単に作業ができる状況ではないことが明らかになりました。



バナナを植え付ける予定の畑





まずは植え付ける場所に穴を掘りそこに堆肥をいれます





バナナの苗を運びます



最後に水をまき、その土をかぶせます


7日目:8月26日(日)
今日で農村滞在も終わりです。川での洗濯や水汲み、農作業などのメインイベントだけでなく、それ以外の時間は村の子どもたちとなるべく多くの時間を過ごしてほしいと思ったこの企画ですが、その時間も今日で最後です。仲良くなった村の子どもたちともお別れです。今回の参加学生は、自主的に多くの村の子どもたちから「将来の夢」を聞き、それをまとめていました。警察官、看護師、パイロット、学校の先生・・・・色々な子どもたちの夢を聞くことができました。ただ、タンザニアでは教育事情、特に教育を受けることができる機会や勉強に費やす時間が日本の状況と大きく異なっています。こうした現状を知ることで、学生たちが何かを考えるきっかけとなってくれれば思いました。


村の子どもたち


2018年9月28日金曜日

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修①

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修

今年も夏休みに国際地域開発学科のタンザニア海外研修が実施されました。タンザニア研修は2015年、2016年にも実施されたので、今年で3回目となります。行程はこれまでのタンザニア研修とほぼ一緒ですが、一去年の経験を活かしてさらに充実した研修内容となりました。

1日目:8月20日(月)
成田空港に夕方集合し、カタール航空QR807便でドーハに向いました。前回はエミレーツ航空を利用しましたので、海外研修としてカタール航空を利用するのは2015年以来です。
2017年にカタール外交危機が起こり、同国は、おなじ中東諸国であるサウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦、エジプト等と断交してしまいました。このため、カタールのフラッグ・キャリアであるカタール航空は上記の国の領空を通過できなくなりフライトスケジュールも変更になっていると聞いていました。しかし、ドーハ空港は相変わらず盛況で、多くの旅行客が利用していました。



ドーハ・ハマド国際空港

2日目:8月21日(火)
カタールからはタンザニア連合共和国のダルエスサラームへ向かうQR1347便に搭乗しました。当たり前のことですが、日本からの飛行機とは異なり乗客に日本人はほとんどいません。経由地からダルエスサラームへの飛行機に乗るたび、日本から遠く離れたことが実感できます。ダルエスサラームには夕方到着しました。ダルエスサラームでは幹線道路の交差点を立体交差にする工事が日本のJICAの援助によって続けられています。完成は2018年9月ですので、この時点ではまだ使用されていませんでしたが、完成間近の立体交差を見学することができました。


JICAの援助で建設されている立体交差


ダルエスサラームでの夕食

3日目:8月22日(水)
今日は農村滞在する予定の村に向けてダルエスサラームを出発しました。今年も途中のミクミ市で一泊する予定ですので、少し余裕のある行程です。ただし、最近はダルエスサラーム市内の渋滞が激しく、なかなか市内を出ることができません。今回も以前だったら10分ほどでダルエスサラーム市内を出ていた距離に、約1時間ぐらいかかってしまいました。

今日の目的は途中のミクミ市に無事に着くことですが、単に車に乗っていればいいというものでもありません。車窓を眺めると人々の生活や様々な作物が栽培されるのを見ることができます。今回は中学校でも習ったサイザル麻のプランテーションについて車内で勉強しました。

ダルエスサラームで宿泊したホテル


モロゴロ市郊外にあるサイザル麻のプランテーション


昼食はバナナ料理でした


ミクミ市のホテル

4日目:8月23日(木)
ミクミ市から農村滞在をするイテテ村に向けて出発しました。一昨年の記事にも書きましたが村に向かう道路は途中から舗装道路が終わりラフロードにかわります。一昨年は季節外れの雨が降り大型トラックがぬかるみにはまったため、道路がしばらく通行止めになっていました。このため、我々の車の通ることができず、しばらく足止めを食らいました。今年はこうした場所に部分的ではありますが、アスファルトが敷かれていました。ゆっくりではありますが、タンザニアも少しずつインフラの整備を進めていることが実感できました。


タンザニアの地方部でも舗装道路の建設が進んでいます


2018年7月14日土曜日

かながわ発・中高生のためのサイエンスフェア2018に参加しました

国際地域開発学科の熱帯資源作物研究室は平成30年7月14日(土曜日)にそごう横浜店で開催された「かながわ発・中高生のためのサイエンスフェア2018」に参加しました。このイベントは神奈川県が主催し、中高生に実験をしてもらうことで理系に親しみをもってもらうためのイベントです。神奈川県下にある16の大学と3つの企業が参加しました。各大学や企業がそれぞれブースを設置し、中高生に実験を体験してもらうイベントです。日本大学生物資源科学部のブースでは国際地域開発学科・熱帯資源作物研究室のメンバーが、米と雑穀に含まれるマグネシウム含量の測定ついての実験を用意し、来訪した小中高生にこの実験を体験してもらいました。
多くの小中高生が生物資源科学部のブースを訪れ、大学生のサポートのもとマグネシウムを測定しました。実験を通して多くの小中高生の理系への興味を引き出したのかなと感じました。



 

 

 
 

 





2018年7月3日火曜日

外務大臣主催JICAボランティアとの懇談会に学科OBが参加しました

平成30年7月3日に外務省・飯倉公館にて開催された「外務大臣主催JICAボランティアとの懇談会」に国際地域開発学科平成24年度卒(現:日本大学大学院生物資源科学研究科在学中)の斉藤雄介君が本学科の倉内教授と共に参加しました。斉藤君は本学科卒業後、青年海外協力隊に2度参加し、セネガルとウガンダで活動をしてきました。直近で帰国したボランティア隊員等が招待され、外務大臣より途上国での活動を労をねぎらわれたとのことでした。(中央に外務大臣、最後列:左から3人目が斉藤君、4人目が倉内教授)


2018年5月19日土曜日

スポーツフェスタ2018

今年も1年生を対象にスポーツフェスタが実施されました。今年の結果ですが、国際地域開発学科は12学科中6位でした。真ん中ぐらいですが、中庸という概念があるようにほどほどがいいと思っておきましょう。1年生の皆さんはお疲れ様でした。江の島清掃に続き、学科での顔見知りがさらに増えたのではないでしょうか。








2018年4月15日日曜日

平成30年度新入生オリエンテーション②

前の記事の続きです。

今回の昼食は返却できる容器での提供となりました。「ごみ拾いをしに来て、ごみを出したくない」というこちらの要望に応えていただき、かつ学生に嬉しいメニューを考えてくださった株式会社山不二さま(http://www.yamafuji-foods.co.jp/)のご協力に感謝申し上げます。


さて、後半はごみの分類です。集めたごみをいったん袋から出し、それらを細かい項目ごとに分けカウントしていきます。山のようなごみを前に悲鳴が聞こえましたが(「こんなに拾うんじゃなかった・・・」とつぶやいた教員がいたとかいなかったとか?)、いざ分類作業に入るとみな集中力を発揮。大量の、しかも細かい細かいごみまでもみるみるうちに分類、カウントされては不燃・可燃に分別されていきます。




最初は、長靴やマスク、お店ののぼりなどの「いかにも」なごみが目につきますが、大部分を占めるのはお菓子や食品の入っていた個包装の袋なのです。
「自分もつい捨ててしまっていたかも」「風で飛んでもそのままにしてたよね」
そんな感想がこぼれていました。

この日回収したごみは総数5834個!
大きいものは鉄筋、長靴から、小さいものは飴の個包装の袋まで、がんばって集めました。午前中だけでもこれだけのごみ、特にプラスチックの袋ばかり。どれだけのプラスチックが海に流れ込み、回収できなくなっているのでしょう・・・。後日のアンケートではこの問題に改めて関心を持った学生も少なくありませんでした。

集計したデータは一般社団財団法人JEAN(http://www.jean.jp/)経由で世界共通のデータベースに記録されます。また、今回ごみ袋の提供とトングの無償貸与をしてくださった公益財団法人かながわ海岸美化財団さんのHP(http://www.bikazaidan.or.jp/)にレポートを載せていただきます。


今回の活動は、これから4年間学ぶキャンパスのある藤沢市に愛着を持ってほしい、そして学科で学ぶ大きなテーマである「環境」と自分の暮らしとの接点を感じ取ってほしいという思いから企画されました。そしてなにより、一緒に活動することで交流を深めてほしいという気持ちがありました。
これから4年間、様々な体験をとおし、自分なりの「世界」を見つけましょう!

平成30年度国際地域開発学科タンザニア研修③

今年度のタンザニア研修の様子はこれで終わりになります。 8日目:8月27日(月) 今日は前回・前々回と同様にミクミ国立公園で東アフリカに生息する動物と人とのかかわり、国立公園と観光資源について学習しました。 密猟に対するタンザニア政府の取組、観光資源の活用による経済政策な...